06

04

コメント

まーくんの極めろ内部配線! その4。「アトラス3」

Windows XPからの買い替え需要で、3月~4月は死にそうになっていました。
これまで働いてきた中で、最も受注の多い期間だったと断言できます。

今回の件で、以前と同等のクオリティでより多くのPCを組み立てられる、
より効率的な作業の流れや、「コツ」のようなものを掴みました。
死にそうになった甲斐もあるというもの。
人間、追いつめられると成長することもあるようです。

さて、今回の内部配線は「アトラス3」です。


naibu-ATL3-right-m.jpg
左側面から見た内部表側です。
アトラス3のケースは、配線上難しい部分はほとんどありません。
綺麗に配線しようと思ったら、だいたい写真と同じような配線方法に収束していくと思います。


naibu-ATL3-left-m.jpg
右側面から見た内部裏側です。
御覧の通り、このケースは裏配線ができません。
ただ、HDDベイの奥にスペースがあるので、そこにケーブルを入れて、
ケース中央にケーブルが這い出ないようにしています。


naibu-ATL3-left2-m.jpg
そのHDDベイ奥のスペース部分の写真です。
24pinケーブルと、フロントUSB3.0ケーブルを、
空いているマザーボード用ネジ穴を利用して、タイラップで固定しています。
こうすることで、輸送中でも配線が外れたりすることを防止できます。


naibu-ATL3-front-m.jpg
フロントパネル部分です。
実はアトラス3のケースは、前期ロットと後期ロットの2種類があり、
前期ロットは USB2.0 x2 ですが、後期ロットは USB3.0 x1、USB2.0 x1 となっています。


naibu-ATL3-USB3-m.jpg
諸事情により少しずつ後期ロットに変更していったのですが、
最近買った方は後期ロットになっているはずです。


naibu-ATL3-SSD-m.jpg
また、後期ロットは3.5シャドウベイ x2の他に、SSD用マウンタも追加されています。
写真に写っているHDDベイ下にある突起がそれです。
3.5インチ用ベイを潰すことなくSSDの増設が可能です。


naibu-ATL3-naibu1-m.jpg
HDDのSATA電源ケーブルについてですが、
1系統3台分ついているSATA電源コネクタのうち、
2台分をタイラップでまとめています。
写真では分かりづらいのですが、HDDを1台追加したい、と思った場合は
そのタイラップを切れば、容易にSATA電源コネクタを接続できるようになっています。


naibu-ATL3-pci-m.jpg
ケース内部、本体後方にある拡張カード固定部です。
このケースはちょっと珍しい構造をしており、拡張カードは個別にインチネジで止めるのではなく、
手回しネジ1本でストッパーを固定する構造になっています。
正直なところを言うと、拡張カードをしっかりと固定するためか、
ネジ穴までのマージンが少ないため拡張カードが刺さっていると
このストッパーを固定するのが結構難しいです。


naibu-ATL3-back-m.jpg
バックパネル部分です。
特に語るべき部分のない個所です。

アトラス3、アトラス5、アトラス7はメモリの本数以外、写真的にはほとんど同じになります。
アトラスG3、アトラスG5はそれにグラフィックカードを追加しただけの写真になるので、
内部配線の掲載は最後のほうになるでしょう。
G7だけは電源が異なりますので、いずれ公開しようと思います。

以上、「アトラス3」でした。
次回はスリムタイプのPCケースを紹介しようかと思います。

【まーくん】
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://pcshopdomu.blog33.fc2.com/tb.php/776-5a5b7fba

プロフィール

パソコンショップドーム(DO-夢)


札幌で1997年から営業している
パソコンショップの個性豊かなスタッフたちが綴るブログです。

新品BTOパソコン / 新品および中古パソコン(Windows・Mac)
周辺機器 タブレット / iPhone などの
販売・修理・買い取りをしています。

店舗所在地:札幌市東区北6条東1丁目1-4
ホームページ:www.at-mac.com

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad