12

19

コメント

まーくんの極めろ内部配線! その2。「Enthusia」

「SATAケーブル」はマザーボードとHDD/SSDを繋げる重要な信号ケーブルです。

しかし、実はSATAケーブルは案外華奢で、壊れやすいケーブルです。
経験則になりますが、急激な角度で曲げたり縛ったりすると
経年劣化で不良が出やすくなる傾向が強いです。

なので、一見だらしなく見えてしまうのですが、
DO-MU BTOパソコンでは長く安心してパソコンを使えるように
余裕を持たせたSATAケーブルの取り回しをしています。
(※LAMDA nanoなど、ケースやパーツ構成によっては内部スペースの問題で、
 急角度で曲げざるを得ない状況もあります。)

さて、今回の内部配線は「Enthusia」です。

naibu-Enth-left.jpg
左側面から見た内部表側です。
17万を超えるDO-MU最上級の本体なので、
「内部配線も価格に負けないものに」という緊張感を持って作業します。

naibu-Enth-cooler.jpg
CPUクーラーであるCorsair製の簡易水冷「H60」です。
ラジエーターはケースFANとクーラー付属FANでサンドイッチにしています。
空冷と異なりCPU付近の占有スペースが小さいので、
背の高いメモリを使用することもできますし、エアフロー的にも有利になります。

naibu-Enth-right.jpg
右側面から見た内部裏側です。
例によって裏配線をしています。
EnthusiaとXGで使用されているSuperFlower製電源ユニットの
電源ケーブルは、直径が太いしっかりとしたケーブルです。
Enthusiaケースは裏配線スペースが広めなので、
そうしたケーブルでも問題なく裏配線が可能です。

naibu-Enth-sata.jpg
冒頭でも書いた、「余裕を持たせたSATAケーブルの取り回し」です。
見た目は正直あまりよろしくないので、
たまに束ねて結束ケーブルで整理したい衝動に駆られます。

ただ、SATAケーブルを束ねた場合、損傷・故障も心配ですが、
ストレージ構成変更時のSATAケーブルの取り回しをし直す時に
ちょっと面倒になるのがネックです。
よく変更・交換する部分は、できるだけフレキシブルな状態であるのが望ましいと
個人的には思っています。

以上、「Enthusia」でした。

【まーくん】
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://pcshopdomu.blog33.fc2.com/tb.php/745-99c9e144

プロフィール

パソコンショップドーム(DO-夢)


札幌で1997年から営業している
パソコンショップの個性豊かなスタッフたちが綴るブログです。

新品BTOパソコン / 新品および中古パソコン(Windows・Mac)
周辺機器 タブレット / iPhone などの
販売・修理・買い取りをしています。

店舗所在地:札幌市東区北6条東1丁目1-4
ホームページ:www.at-mac.com

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad