--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

25

コメント

SSDは速いのか?

お久しぶりです。
みるくぼーいです。

突然ですが待たされるのは苦手です。
あ、いえ。待ち合わせとかではなく"パソコン"にです。

パソコンの電源を入れるときは仕事なり遊びなり何か用事があるわけで…。
それなのに起動やアプリの立ち上げをずーーーーっと待っているのはとてももったいない気持ちになります。

というわけで今回はパソコンのHDDをSSDに交換してみようと思います。
SSDってなんだ…?といいますと、
HDDの代わりになる部品で、転送速度はHDDの3-4倍ほどです。
「それならパソコンの起動が3倍速くなるの!?」と期待したいところですが、そこまで速くはなりません。
ただ明らかな違いが出ます。
今まで測ったことがなくて気になってきたので、今回はしっかり測ってみることにします。

今回の犠牲検証環境はこちら!
Lenovo Thinkpad X240s
Windows 7 Professional 32bit
CPU:Intel Core i5-4200U 1.6GHz
メモリ:4GB
ストレージ:SATA3接続
・HDD:HGST 2.5inch 7,200rpm 500GB
SSD:Samsung 750EVO 250GB

2013年発売の一般的なモバイルノートです。
環境を揃えるためにリカバリディスクでリカバリし、その直後から検証開始です。

まずはHDDです。
恒例のベンチマークです。
Windows 7 _ HDD
ちなみにベンチマークとは、その製品を評価するために負荷をかけ限界を測るものです。
正直な話ですがつい数年前から比べるとこれでも十分速いですよね…。

お次はSSDです。
Windows 7 _ SSD
は、速い…。
連続読み書きでは4倍強。
ランダムでは比較するのもはばかられるくらいの速度です。

予想はしてましたがここまでとは…。
というわけでPCの高速化にはSSDが効果的です。
それではまた次回。お楽しみに!



と終わっては検証の意味が無いのでもう少しだけ続きます。

これでベンチマーク上の数値がわかりましたが、気になるのは具体的にどう変わるのか。ですね。

それでは検証ということで、電源投入時にタスクマネージャを自動的に起動する設定にしました。
電源ボタンを押して起動。Windowsの画面になってタスクマネージャが開くまでの時間を5回計測。最速と最遅を除いた平均を取ってみました。

すると…
HDD
・起動:39秒
・終了:12秒

SSD
・起動:23秒
・終了:8秒

半分とはいきませんがおおよそ2/3の時間になりました。
検証しているとわかるのですが動きもキビキビしています。
HDDの時はデスクトップが表示されてタスクマネージャが開くまで数秒かかっていましたが、
SSDの時はデスクトップが表示されたときにはすでにタスクマネージャが開いていました。
それ以外にもファイルやアプリを開くときにちょっと待たされる。というのがなくなりサクサクです。

ついでにMicrosoft Office 2013 Personalをインストール、WordとExcelを同時に起動できるようにしました。
それが開ききるまでの時間を測ろうと思います。
HDD:13秒
SSD:3秒
半分どころのお話ではありませんでした。とても早いです。
これほど早くなってしまうとむしろ人間の作業が追いつかないですね。

最後に10Gほどの写真データ(jpg+RAW)を用意しました。
それを同じドライブ内でコピーするとどれくらい時間がかかるかです。
サクッと測りましょう。
HDD:3分40秒
SSD:1分17秒
おおっ。これも半分以下の時間で終わりました。
時間にしてみると大したことないと思うかもしれませんが、
実際に操作してみると体感としてストレスがありません。

というわけでPCがモタモタして困る…。というあなた!
SSDに交換してみる価値はあるかもしれないですよ。
それではまた次回!

当店取り扱い当店取り扱いSSD
あると便利な引っ越しキット
引っ越しキットは以前試しています。
スポンサーサイト

09

27

コメント

いつもの作業にプラスワン

お久しぶりです。milkboy_02.png

みるくぼーいです。

最近プライベートで動画の編集なんかを始めてみたのですが…
画面が足りない
もともと2画面で使っているのですがマルチモニタの使い方が下手なもので…。
あと1画面あれば…楽なのに…。

という事で面白いものを見つけてしまいました。

Century 10.1インチ液晶モニタ
plus one HDMI (LCD-10000VH5)


惜しまれながらも販売終了になってしまったLCD-10000VH4の後継機です。
パソコンを使っているとたまにある…
まさに「もう一つ画面があれば楽なのに…」をかなえてくれる商品ですね。
センチュリーのサポートのブログでも紹介していますが、
ついにDO-MUにも入荷しましたのでさっそく試してみました。
ほとんど同じ内容になってしまいそうです。

パッケージはこんな感じですね。
LCD-10000VH5_01.png
液晶モニタが入っているとは思えない小ささです。

開けて中身を出してみると…
LCD-10000VH5_02.png
本体には保護フィルムが貼られているので剥がしてからお使いください。

こちらで一式ですね。
LCD-10000VH5_03.png
・LCD-10000VH5本体
・取り扱い説明書兼保証書
・ACアダプタ
・PCから給電用のUSBケーブル
・HDMIケーブル
・VGA(mini D-sub 15)ケーブル
・コンポジットケーブル
・別売り壁掛けキット用取り付けネジ

大きさは10.1インチ、16:10ワイド。解像度は1,280x800。
搭載パネルは発色の良さ・視野角の広さに定評のあるIPSパネルです。
液晶の表面は光沢仕様になっています。
LCD-10000VH5_04.png
裏側はこんな感じです。
LCD-10000VH5_05.png
スタンドは最初から本体に取り付けられています。
三段階に稼働するので好きな角度で設置できます。
LCD-10000VH5_06.png

壁掛キット(別売)用のネジ穴も開いていますので、
取り付けることによってモニターアーム等に取り付けできます。
あとはモノラルスピーカーも見えていますね。
HDMI入力時はそちらの音声、
VGA・コンポジット入力時はAUX INの音声が出力されます。

左側面ですね。
LCD-10000VH5_07.png
こちらには入力端子が集まっています。
VGA・コンポジット・HDMI、電源用のminiUSB端子です。

右側面にはスイッチですね。
LCD-10000VH5_08.png
モニター調整用のOSDスイッチと電源ランプ、入力切替スイッチ、音声入力です。
音声入力用の3.5mmミニプラグのケーブルは付属していないので、
VGAやコンポジット接続で音声を出したい場合は別途ご用意ください。

さて、外観だけで結構書いてしまいました。
お楽しみの電源ONです。
LCD-10000VH5_09.png
おおっ。色が深い。
カメラで撮るのはなかなか難しいですね。
Windows 10の標準壁紙を映してみたわけですが、
なかなか綺麗です。

そして広視野角IPSパネルなら…
LCD-10000VH5_10.png
これくらい上下から覗き込んでもほとんど色が変わりません。
しかし残念ながら極端に左右から見ると
光沢仕様のせいか鏡のようになってしまって写真に写せませんでした。

DO-MUのトップページを開いてみるとこんな感じです。
LCD-10000VH5_11.png
小さいのはサイズだけで解像度はそれなりにあるので左右の欠け無く見えますね。

12.5インチのモバイルノートと比べてみるとこんな感じです。
LCD-10000VH5_12.png
写真ではノートパソコンの方が綺麗に映っているように見えなくもないですが、
実際はplus oneの方がコントラストが高く、
黒はしっかりと黒く、白ははっきりと白に鮮やかに見えました。

と言うわけでplus oneでした。
・文書作成をするときに常にメールを開いておきたい。
・動画や画像編集ソフトのパレットやツールを置いておきたい。
・インターネットの動画をかけ流したい。
・株取引のチャートを表示したい。
・出先でマルチモニタ。
そんな方にオススメです。

DO-MUの店頭にも展示機が出ておりますので気になった方はぜひ見に来てください。
お待ちしております。

09

01

コメント

気軽に導入!SSD。

ブログでは初めまして。
店頭最新情報を見てくれていた方はお久しぶりです。

みるくぼーいH35px_みるくぼーい(鳩ゴルゴ)です。

残念な(´・ω・`)のコーナーですが、
(´・ω・`)さん多忙にて今月は自分が乗っ取りまして、
こんな商品を検証してみました。
べ 別にサボったとか丸投げとかじゃないんだからねっ!by(´・ω・`)



裸族の頭 HDD/SSD 引越キット



このキットを使うと何ができるのかと言いますと、
Windowsの入ったドライブを繋いだHDDやSSDにシステムごとコピーできます。
操作がとても簡単な専用ソフトが付属していて、
操作と言えば数クリックで終わってしまいます。



実際に検証してみました。
今回は160GBのHDDが入ったノートパソコンをSSDに換装してみます。
必要なものは以下の通りです。
・本製品・裸族の頭 HDD/SSD引越キット[CRAHK25U3]
・交換先のSSD(かHDD)・今回はSandisk SSD Plusシリーズ120GBを使用しています。
・インターネット接続(専用ソフトの使用にはインターネット接続が必須です)



まずはコピーしたいSSDを本製品を使って接続します。
Pict01_201609011952149b8.jpg




付属のCDを読み込ませて、入っているソフト"CloneDrive2"を適当な場所にコピーします。
Pict02_201609011952167a6.jpg




※キットを使わずにSSDを接続するとエラーがでますので、必ず付属のアダプタを使用してください。
Pict03_20160901195217b4a.jpg



ソフトのアクティベーション(認証)にはインターネットの接続が必要です。
Pict04.jpg




認証に成功すると下の画面になります。
今回はコピーするファイルは選ばずに丸ごとコピーしてみます。
無心で右下のスタートボタンをクリックです。
Pict05.jpg




待ちます。
Pict06.jpg




今回は大体1時間ほどでコピーが終了しました。
本体がUSB 2.0なので時間が掛かりましたが、
USB 3.0の本体であればもっと早いと思います。
Pict07.jpg



終了直後にWindowsからこんなエラーが出ましたが、仕様です。
説明書にはエラーが出たらそのまま修復しなさいと書いてありますので修復を押します。
Pict08.jpg



修復が終わったらそのままシャットダウン。
元のHDDからコピーしたSSDに交換すれば終了です。
この時もしかしたらWindows エラー回復処理などが出るかもしれませんが、
Windowsを通常起動するで問題ありません。



今回の検証に使用したのは2011年発売のノートPCでしたが、
・交換前
   スタートアップ:54秒
   シャットダウン:19秒

・交換後
   スタートアップ:21秒
   シャットダウン:7秒

さすがSSD。ものすごく速くなりました。
HDDで使っていたアプリやデータをそのままSSDに移行できたので楽ですね。

ちなみに、
Pict09.jpg

こんな感じでコピーするファイル・フォルダを選択できるので、
いらないフォルダのチェックを外せば小容量のSSDへもコピー可能です。

2.5インチHDDケースも付いてくるので、
外したHDDをそのまま外付けHDDとして使う事も出来ますよ。
Pict10.jpg


いかがでしたでしょうか?
HDDからSSD交換ってOSインストールやアプリのインストールが面倒なので、
それを全部すっ飛ばせるというのはとても便利です。
そして何より操作が簡単でした。
数回のクリックと換装作業だけ。
簡単に5年くらい前のノートPCを爆速にできました。

最近SSDがどんどん安くなってきているので、
HDD->SSD交換にチャレンジしてみてはいかがでしょう?

それにて今回はこの辺で。
次回は(´・ω・`)が活躍します。

ご購入はこちら!
http://www.at-mac.com/ECDM0016850/

※注意※
コピー先のHDD/SSDでDtoDリカバリは使えません。
元のHDDを外付けHDDとして利用する場合はリカバリメディア等、再セットアップ手段をご用意ください。
リカバリメディアの作成が出来ない出来ない機種は、元のHDDは大切に保管してください。



【みるくぼーい】 【残念なきじま。】

プロフィール

パソコンショップドーム(DO-夢)


札幌で1997年から営業している
パソコンショップの個性豊かなスタッフたちが綴るブログです。

新品BTOパソコン / 新品および中古パソコン(Windows・Mac)
周辺機器 タブレット / iPhone などの
販売・修理・買い取りをしています。

店舗所在地:札幌市東区北6条東1丁目1-4
ホームページ:www.at-mac.com

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。